アユと日本の川

築地書館

栗栖健

吉野川は江戸時代から大阪でも名高かった「桜アユ」のふるさとである。

たった一年間で一生を終えるアユの生態と、アユを育む日本列島の河川のあり方を追う。

装幀:今東淳雄(maro design)

amazon

カテゴリー: bookdesign パーマリンク

コメントは停止中です。