犬と猫の行動学

学窓社

内田佳子・菊水健史
森 裕司(本文イラスト)

犬と猫の行動学の歴史、学習機能、犬と猫の「吠え」などに代表される問題行動の種類や動物倫理など、行動治療をする上での基礎知識を解説。

装幀・本文デザイン:今東淳雄(maro design)

カテゴリー: bookdesign   パーマリンク

コメントは受け付けていません。