シアトル日刊邦字紙の100年

築地書館

有馬純達

新聞が唯一の情報源だった「新聞黄金時代」に、日系人社会を支えたサムライ・ジャーナリストたちを、『北米時事』社長兼主筆を父に持つ著者が、静かな筆致で描く。

装幀:今東淳雄(maro design)

amazon

カテゴリー: bookdesign   パーマリンク

コメントは受け付けていません。