日本にあった朝鮮王国

白水社

大和岩雄

『隋書』倭国伝の「秦王国」の記述を手がかりに、古代豊前地方を舞台とした秦氏系渡来人の実態を解明し、八幡信仰・修験道・弥勒信仰等の源流と展開を明らかにする。

装幀:今東淳雄(maro design)

amazon

カテゴリー: bookdesign   パーマリンク

コメントは受け付けていません。