プラハのシュタイナー学校

白水社

増田幸弘

日本の小・中学校からプラハの公立シュタイナー学校に編入した兄妹の戸惑いと成長ぶりを克明に描く。教育について日本で当然と思われている諸前提を心地よく揺さぶるレポート。

装幀:今東淳雄(maro design)

amazon

カテゴリー: bookdesign   パーマリンク

コメントは受け付けていません。